denの段だらウォーキング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 100410秦野弘法山で花見+鶴巻温泉

<<   作成日時 : 2010/04/10 23:24   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

行程:秦野→登山口→浅間山→権現山→弘法山→吾妻山→大和旅館→鶴巻温泉。135分。約7.1Km

403Cの皆さんと弘法山公園の花見に行って来ました。花見満喫&丹沢の温泉も満喫の、桜花の候なのでありました。

概略コース

§1.秦野駅
 南口から富士山。雲が多く、全容は見れませんでしたが、頭がちょこっと!がそこにあるのはわかりました#この後は全く見えなくなった。”081122震生湖〜弘法山散策”の記事と併せて見てもらうと富士山の様子はよくわかると思います
画像

 北口の水無川の橋の上のモニュメント
画像

 これから行く権現山。山桜と新緑に彩られ、春らしい姿です
画像

 水無川の様子。川の側のスーパーで花見セットを準備してスタート#川の土手を歩けるみたいです
画像


§2.弘法山公園
 登山口から
画像

 山吹が綺麗に咲いていました
画像

 背の高い山桜が咲き誇っています
画像

 コナラかなんかでしょうか、新緑が芽生え始めています
画像

 ソメイヨシノ(左)と山桜(右)の競演
画像


 路は、浅間山への最後の登り。新緑が綺麗です
画像

 桜が見事。さくら祭をやっているようで、提灯も吊られてました
画像

 暑くなってきたので、少し休憩して支度し直し。桜が散り始めて、絨毯のように
画像

 富士山方面
画像

 木の杭の階段を少し登って
画像

 山頂で記念撮影#標高は?
画像

 道路と交差するちょっと前から、桜の奥に、雲に隠れた大山(右)と二ノ塔・三ノ塔(左)、岳ノ台(中央)。きれいです
画像

 アヤメでしょうか?#花菖蒲、カキツバタとの違いとか前調べましたね
画像

 駐車場の辺りにタンポポが一杯咲いてました
画像

 Hさん、熊の写真を指して、”いないよね〜”
画像

 モミジの若葉
画像

 黄色い花、キジムシロかな?
画像


 権現山山頂。桜が一杯。奥に大山も#標高は243.5m
画像

 まだ11時ですが、花見セットを広げて、早速花を愛でる。1時間以上も…#403C最長昼食タイム!
画像

 展望台から景色を見て、
画像

 パノラマ写真を作成してみました
画像

 さ〜あてっと、出かけましょう
画像

 これから向かう弘法山方面
画像



 馬場道(ばばみち)の桜のトンネルを抜けて、
画像

 弘法山の鐘楼#標高は235m
画像

 井戸で水を掬う女性#井戸水は冷たかったみたいです
画像

 平塚市方面
画像

 弘法大師堂。バリケードが張られてました。誰か侵入したんでしょうね
画像


 ミカン畑の辺りから、大山方面#少し雲がとれてきた
画像

 弘法山から先は、しばらく広葉樹林に覆われ、のんびりと行けます
画像

 善波峠の大山への分岐。9.5Kもある
画像

 路は穏やかな尾根路が続きますが、豆桜
画像

 このコース最後の山、吾妻山(155m)の展望台から湘南平方面。中央の建物群(オレンジの棟など)は東海大の校舎
画像

 清掃工場とその後ろ、聖峰山に咲いている桜の様子
画像


§3.鶴巻温泉
 ハイキングコースもここで終了。プーさん遅れ気味です
画像

 東名のトンネルを潜って、
画像

 鶴巻温泉街へ。路地の花、花蘇芳 (はなずおう)
画像

 紅花常盤満作(べにばなまんさく)
画像

 今日の温泉は、こちら大和旅館(やまとりょかん)さん。駅からも近い落ち着いた宿です
画像

 ハイキングコースを歩いている間、ピーヒャララ〜と、キャタピラーが動いているような音が聞こえましたが、これでしたか!
画像

 鶴巻温泉駅の桜
画像


ポイント
・先週の寒さのおかげで、桜の散り始めが遅くなっているみたいで、桜が残っていて、楽しい散策になりました
・天気予報では、午後から富士山方面も晴れるので、散策中富士山も見えるかなと思いましたが、ちょっと残念でした。むしろ朝一に見れて良かったです
・大和旅館の風呂は、空いていてくつろげました

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
鶴巻温泉 大和旅館のHPには、泉質などの情報がありませんが、温泉である事は間違いありません。以下は、Wikipediaの鶴巻温泉情報から
・泉質
弱アルカリ性塩化物泉。源泉温度26.3 - 37.3℃
・効能
神経痛、筋肉痛、外傷、やけどなど
・その他
入浴料金 1,000円
鶴間温泉の老舗の旅館
鶴巻温泉 大和旅館
2010/04/11 00:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
100410秦野弘法山で花見+鶴巻温泉 denの段だらウォーキング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる