denの段だらウォーキング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 100313鋸山。沢コース〜日本寺〜観月台

<<   作成日時 : 2010/03/15 21:57   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0

行程:久里浜駅=(BS)=(東京湾フェリー)=金谷→内房線ガード→手彫りトンネル→安兵衛井戸→東の肩→鋸山山頂→東京湾を望む展望台→車力道分岐→石切場跡→日本寺分岐→日本寺→日本寺分岐→観月台→車力道分岐→金谷=(東京湾フェリー)=(BS)=久里浜駅。279分。約7.6Km

今日は土曜日ですが、夕方から会社の昔の組織のOB/OGが沢山集まる飲み会があるんですが、しかし天気は良さそうなのでハイキングしてから参加と、朝早めに家を出かけました。出かけたのは海を渡り鋸山。車力道コースから登り観月台へ降る予定でしたが、鋸山山頂へも行きたいな…と思いながら、スタート。

概略コース
#フェリーの金谷港の出口付近に手書きのハイキングマップがありました。帰りに見つけました。わかりやすいので貼っておきます。出発前にあればもっと良かったです
画像


§1.浜金谷
 京急久里浜からバスで東京湾フェリーへ。結構沢山の集団のハイカーがいました
画像

 丁度この日は南西の風がすごくて、船は左右に大きく揺れて、窓一杯が海になるほどかなり揺れましたが、無事金谷へ。見えてきたのは鋸山
画像

 大勢のハイカーに続いて、JR浜金谷方面へ歩いて行くと、”石の刻道”の標識。何だろう?”種”とも書いてある
画像

 浜金谷駅前の標識ですが、さすが金谷、岩のオブジェがあります
画像

 金谷小の入口ですが、手書きの標識#奥の青い屋根がJR浜金谷駅。ところであれ程いたハイカー集団が全部駅へ。こっちに来たのは私一人…何でだろう?
画像

 ここからハイキングコースへ
画像

 路地の花。白木蓮。3月になりましたが、暖かな南房総ですから、花は一杯
画像

 JRのガードを潜ると、
画像


§2.安兵衛井戸と沢コース
 コースは二手に分かれて、右が車力道・椿月台方面、左が沢コースから鋸山尾根道#予定は車力道(しゃりきみち)経由でしたが、せっかくだから鋸山に登ろう!と左へ
画像

 館山自動車道のガードを潜った辺りの陽だまりに、スミレ?
画像

 沢コースだけあって、沢沿いや沢の中を行きます#フェリーは風がひどかったですが、ここは風を鋸山がさえぎってくれて無風状態
画像

 手彫りのトンネルです#予備知識なしでした…。ここで後ろからハイカー一人来るのが見えました
画像

 トンネルの中に入るとすぐは、真っ暗で足下が危なかったですが、反対側から少し光りが入ってきてかろうじて歩けます#下の写真は出口付近から振り返って
画像

 安兵衛井戸の標識#井戸自体はどこ?
画像

 しばらくは樹林帯の緩やかな道を行きます
画像

 で、急にきつい道に。東の肩の手前は、ちょっとした難路です
画像

 しかし関東ふれあいの道として整備されてもいて、階段もある
画像


§3.鋸山
 特に看板が見あたりませんでしたが、東の肩。風よけが出来なくなり、もろに風が当たります#左手から登ってきて、右奥が林道入口方面。こちらが鋸山山頂方面
画像

 ここからは、尾根道で、上り下りを繰り返します。下の写真は、途中まで木の階段、上の方が岩を削った階段
画像

 20分ほどで山頂、標高329.4m#千葉では12番目の高さだそうです
画像

 さらに15分位で、ふれあいの道の標識(*1)
画像

 東京湾を望む展望台へ行ってみると、パノラマ。やや北は金谷方面
画像

 西は鋸山ロープウェイ山頂駅方面#手前の岩場が地獄のぞき
画像

 南が保田(ほた)駅方面#左手の山は富山(とみさん)
画像


 *1の標識に戻り、急な階段を降りて行くと、削られた岩肌
画像

 車力道の分岐
画像

 その後もいろいろと石切りの跡があります
画像

画像

 でも、こっちが石切場跡
画像

 石切場跡の展望台から、房総の中心部の山脈地帯。石切りに使っていた加工機械がそのまま置いてあります
画像


§4,日本寺
 自然の額縁とか看板がありましたが、中央左の切れ込み?ハイキングマップによれば観音洞窟#木の奥に観音様が掘られている?右上の出っ張り岩は地獄のぞきみたいです
画像

 コースへ戻ってくると、観月台への分岐(*2)
画像

 急な石段を登ると、日本寺の北口事務所から境内へ#拝観料が600円。お昼を過ぎてロープウェイ駅で昼を食べようと思っていたら、管理人のおじさんが"今日はロープウェイは風で止まっているよ”。何も食べるものがない…
画像

 百尺観音
画像

 急な階段(日本寺は階段ばかりです)を登って、とりあえず名物の地獄のぞきへ#怖いので行きませんでしたが
画像

 少し先へ行って、地獄のぞきを反対側から#ここでも相当怖い!!!
画像

 その後は、西国観音やら百体観音、千五百羅漢道、奥の院無漏窟、維魔窟など一生をかけても見切れない数の仏像群を拝観して
画像

画像

画像

 最後に聖徳太子像#社会科の本で見た姿とはずいぶん違う
画像

 不動滝を経て
画像

 ここは十州一覧台。もう1時回ってしまった。ポットは持って行ったので、コーヒーとチョコレートを食べながら、この先どうするか少し考え、ロープウェイが使えないなら、保田へ行くか、金谷へ戻るか?
画像

 大仏も見たかったけど、引き返して北口から出ます#ここは右へ行くと地獄のぞき、左は百尺観音
画像


§5,観月台コース
 *2へ戻り、降っていくと、標高150m付近
画像

 少し行くと、観月台
画像

 鋸山を振り返る
画像

 こちらのルートは階段ばかり…かなり膝にきました!
画像

 車力道(左)と観月台(中央の階段)の分岐
画像

 内房線沿いを行くと、
画像

 朝方潜ったガードの所へ戻った。菜の花の香りがした
画像

 路地の花。(花)桃みたいです
画像


§6.帰路のフェリー
 来た時よりも、波が荒い!船はギーギーいわせながら左右に揺れ、波に乗り上げしぶきを立てて
画像

 右手に大きな貨物船。車を運ぶタンカーだそうだ。100m以上ある
画像

 揺れて揺られたものの、久里浜に無事到着。15時半を過ぎて、家に帰ってからでは夕方の飲み会に間に合わない…山の格好で参加だなあ
画像


ポイント
・思い切って房総半島へ行ってみたが、”初千葉〜”とか浮ついて。ロープウェイが止まって、JRが運休になって、危ない選択をしたわけだ。夕方の飲み会は幹事だったので、軽率だったかな?
・フェリー港の地図の写りが暗かったので再度アップした(3/17)。今回通ったルートは鋸山の景勝地をあるいくつかの場所を、ある程度カバーして歩き貫けたみたいである。金谷辺りはもう何度か来てはいるけれど、一度(以上)来ていると土地勘もあり、どこを回っても”勘が働いて、”効率が良いのかもしれない。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
100313鋸山。沢コース〜日本寺〜観月台 denの段だらウォーキング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる