denの段だらウォーキング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 100220雪の高松山〜河津桜の松田山

<<   作成日時 : 2010/02/21 15:30   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 1

行程:新松田=(BS)=高松山入口バス停→東名高速下→登山口→ビリ堂→高松山山頂→第六天→最明寺分岐→迷走→最明寺史跡公園→松田山自然園=(BS)=JR松田→新松田。314分。約14.2Km

ここ数ヶ月は、低山ハイキングを続けているのですが、久しぶりに登山に行ってみました。そこで選んだのが、富士山の眺望が良い高松山。ついでに松田山の河津桜を楽しんできました。

概略ルート

☆雪の高松山山頂
画像


☆松田山の河津桜のトンネル
画像


§1.登山口からビリ堂
 高松山へは、電車で東山北や山北から歩く事もできますが、西丹沢行きの8:25発のバスに乗って出かけました。新松田のバス停には長蛇の列。席が全部埋まり、通路にも人が立つ位の混みよう
画像

 高松山入口には、5人組が2つ、3人、2人のハイカーが降りました。ここから歩き出します
画像

 バス停から頭が真っ白な富士山が綺麗に見えました
画像

 東名のガードを潜って
画像

 標識も結構整備されています
画像

 上の写真の大きな橋桁に先行するハイカーが見えますが、その先にトイレがあり、その先を左手に登っていきます。右手からも行けます
画像

 今回久しぶりに同行したA子さん。右手に何か?持ってます
画像

 農道を登っていくと、無線のアンテナが。その辺りから、東名高速や尺里(ひさり)地区の様子
画像

 蕗のとうが大きくなってました
画像

 農道と出合
画像

 箱根の山々。稜線が大きな明神ヶ岳と右億が金時山
画像

 登山口。ミカン畑があるんでしょうか?レールがあります
画像

 鉄塔がある辺りで、雪が残っていました(*1)
画像

 ビリ堂20分、高松山55分の標識、
画像

 この辺りから、雪が所々あるから、山道は雪道が続くようになってきました
画像

 ビリ堂に到着
画像


§2.高松山
 ビリ堂からは、急な山登り
画像

 急な登りを越えると、山道は、泥がなくなり、綺麗な白い雪の道へ
画像

 秦野峠の分岐
画像


 高松山山頂、標高801.4m
画像

 富士山が綺麗に見えました
画像

 拡大図。ここでまだ11時過ぎですが、富士山を見ながら昼食
画像

 35分位休んで、下山ですが、富士山は雲の中に
画像

 金時山もだいぶ霞んじゃいました
画像


§3.第六天から最明寺史跡公園
 高松山からの降りも結構急ですが、余裕のA子さん
画像

 第六天(尺里峠)までの中間点。まだ雪だらけ
画像

 手作りの標識も#虫沢古道を守る会?後で調べてみよう
画像

 上の標識の直ぐ先のアブラチャン(油瀝青)のみち
画像

 右手が開けて、箱根の山が見えます#手前の鉄塔は*1の雪が残っていると紹介した登山道の辺りか?(*2)
画像

 尾根道の反対側、中央が塔ノ岳か?#左手は丹沢の山々が見えるはずですが、中々開けた場所がない
画像

 第六天の石像#熊野修験のお札がある
画像

 尺里峠。標識に白い看板が貼り付けられていますが、100m先に富士山眺望がいい場所があると書いてありますが、2007年版の昭文社の地図には載っていない道です
画像

 行ってみると、*2と同じような景色
画像

 7分程先に行くと、右手にはげたような山、サイロのようなものも見えるので大野山かな?大野山も雪に覆われている
画像

 道なりに行くと、川村小の高台辺りの高松地区に出、標識が
画像

 さらに行くと、道路に寄(やどりぎ)からの道路に出合
画像

 右奥の最明寺方面へ
画像


 先へ行くと、民家を曲がった先にT字路が。下の写真の左手から来たが、ここを右手へ(手前側)入って、迷走を…(*3)
画像

 植林帯を44分もウロウロ…しかしこんな足跡を見つけましたが、どういう動物のもの?
画像

 道を間違えた事に気づき、*3へ戻り順路へ。高松山でお隣同士でお昼を取った女性5名のグループに再会。彼女達もここで道を検討していたみたい。”検討結果は?”と聞くと、”真っ直ぐ”と回答、”正解!”とやりとり。。。

ピークを越えて下り始めると、最明寺史跡公園の分岐。右へ行きましたが、左を回っても行けるみたいです
画像

 鐘突堂の跡地
画像

 最明寺史跡公園の様子
画像

 公園の案内図
画像


§4.松田山自然園
 ここから松田山へ行きますが、”自然園”の標識があり、それを見ながら、誘導されるがままに行けばいいのですが、ここの東屋から大きく左折
画像

 新松田の分岐。自然園はもう20分
画像

 右手に酒匂川が見えてきました
画像

 もう民家もあるんですが、動物除けの柵があります
画像

 もう直ぐ自然園。日溜まりは真冬とは思えない
画像


 ぽっぽ鉄道とも呼ばれるふるさと鉄道
画像

 松田駅までの道を確認して、
画像

 園内を探索。高台から曽我丘陵方面
画像

 満開まではもう少しかな?
画像

 臨時バス停の辺りに行くと、ちょうどJR松田行のバスが出発するところで、疲れもあり飛び乗って、今日の散策は終了。”ああ〜疲れた”
画像


ポイント
・久しぶりの山登りに選んだ高松山ですが、山頂まで雪とは驚きました。アイゼンを使うような場面にはなりませんでしたが、素人の雪山はいただけません
・迷走した高松地区の分岐では、いつものように携帯Naviを使ったのですが、駿河小山町の辺りを検索してしまい、正確な場所がわかりませんでした
・松田山までは、道が入り組んでいてわかりにくい事この上ない…。地形図のコピーも持って行きましたが、どこいら辺にいるか中々わかりづらいです。標識があってそのまま行けばいいみたいですが

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
虫沢古道を守る会を調べてみました。
「虫沢」は、尺里峠の北側、寄にある宮地山の西部の山あいにある地区で、この虫沢と山北町共和・八丁を結ぶ「はなじょろ道」を整備するために設立された会のようです。
http://www.townnews.co.jp/020area_page/04_sat/02_ashi/2009_4/10_10/ashi_top1.html
そう言えば、大野山に行った時に、共和小の辺りで、八丁という地名があったのを思い出した。今度そのはなじょろ道を散策してみよう。
虫沢古道を守る会について
2010/02/21 16:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
100220雪の高松山〜河津桜の松田山 denの段だらウォーキング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる