denの段だらウォーキング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 091219葉山散策(不動滝〜畠山)+大楠山+阿部倉温泉

<<   作成日時 : 2009/12/19 23:34   >>

面白い ブログ気持玉 8 / トラックバック 0 / コメント 1

行程:汐入=(BS)=境橋バス停→不動滝→畠山登山口→畠山→大谷戸橋→本圓寺→大楠山登山口→大楠山→阿部倉温泉→池上十字路バス停=(BS)=汐入。231分。約10.7Km

今日は西高東低の気圧配置で、神奈川は非常に天気が良かったです。おかげさまで富士山を拝めるハイクができました。富士山が見えるのが想定されてましたので行き易い大楠山と、それだけでは時間が短いので、近くの畠山と歩いた後は阿部倉温泉を目指して歩いてみました。

概略ルート地図

写真1、不動滝
 葉山のNPOが出している”葉山を歩こうMAP”を参考に、汐入から本数の少ない湘南国際村行のバスで、まずは境橋バス停からスタート。凄い青空です
画像

 大沢の庚申塔から坂を登って、
画像

 神明社は、古い神社#手塚治のまんがの卑弥呼の社みたい…
画像

 隣にある不動堂の不動明王
画像

 不動滝。葉山町の唯一の滝だそうです
画像

 不動滝・不動堂の入口の様子
画像


写真2、畠山
 不動橋へ戻り、畠山の登山口へ#08/7月に大楠山から歩いた時と同じコース
画像

 登山口から大楠山方面。田舎らしい畑焼きの煙とゴルフ場
画像

 畠山の登り口はぶっとい竹林です
画像

 上っていくと、綺麗な紅葉が
画像

 昨年7月に来た時に迷い込んだ大沢谷分岐と思われる辺りの木。”交番”?
画像

 時々左手に富士山が見えます#11/3にも見てるので
画像

 山頂の紅葉
画像

 山頂の様子。夏とは違って下草が無い
画像


写真3、畠山下りと木古庭地区
 降りると直ぐは幅のある下り
画像

 山中町方面への分岐。今回は初めて右手経由で不動橋方面へ#城跳橋?NPOの地図では出口は大谷戸橋になります
画像

 この辺りも下草が刈り取られきれいになってます#東電の作業のお陰でしょう!
画像

 木の梯子を上ると、左右に分岐していますが、左手に#地図によると右手へ行くと山頂へ行くみたい
画像

 鉄塔の横を通って
画像

 畠山の下りも終わり、ススキの平坦地に出ます
画像

 振り返ると、畠山#横横のガードの少し手前です
画像

 大谷戸橋へ出ます
画像


 NPOの地図に従い、本圓寺に立ち寄りましたが、”山道”へのルートは見つかりにくいかも
画像

 それでも何とか、”富士山が見える”白木稲荷大明神へ行けました
画像

 ちょっと雲が掛かってしまいましたが、正しく富士山#中央にボンヤリ
画像


写真4、大楠山へ
 大楠山登山口バス停の辺り
画像

 阿部倉高架手前辺りの紅葉。日差しに輝いてとってもきれいです
画像

画像

画像

 ゴルフ場の辺りから、大楠山を望む
画像

 最後の階段手前。左手からも行けるんですが、”土砂崩れ”とか
画像

 山頂のビューハウスから富士山
画像

画像

画像

画像

 東京湾と横浜の高層ビル
画像

 山頂で冷たい風に吹かれて、しかも富士山を眺めながら(桜の樹と展望台の間に見える)、遅めの昼食
画像


写真5、阿部倉温泉へ
 寒いので先へ。階段を降りたところにある大楠
画像

 ゴルフ場の先のここから下る
画像

 このコースは行程がだいぶ痛んでいます
画像

 もうコースも終わりのコンクリートの橋がある辺りですが、紅葉がきれいでした
画像

画像

 阿部倉コースの終点辺り。この階段を行き、
画像

 少し急な登りを行くと湯の花旅館。20人以上の団体が入っていて、玄関は靴で一杯でしたが、風呂場は2-3人しかいなくて…何で?
画像

 千葉方面。千葉は結構山が高い見たいです
画像

 1時間位休んで、池上十字路バス停まで歩いて、帰路へ


ポイント
・冬型の気候は、関東を歩くには最高の天気になりますが、そういう季節が今年も到来です。晴れていない時に三浦アルプスを歩いていて、三浦アルプスからは富士山は見えないものと決めていましたが、結構見えるものです
・今年は喘息が出て苦しんでますが、今日も大楠山山頂下の階段でぜえ〜ぜえ〜。少し喘息が落ち着かせないと、山登りもできないみたいです
・紅葉がまだきれいなところも結構ありますね

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 8
面白い 面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
阿部倉温泉 湯の花旅館の情報。
・泉質
単純硫黄冷鉱泉
・効能
冷え性/慢性婦人病/関節痛/神経痛/リユマチ/筋肉痛/疲労回復/慢性消化器病/五十肩/健康増進/病後回復期/関節のこわばり/くじき/打ち身/やけど/虚弱体質/
・入浴料金 1050円
denより
2009/12/19 23:52

コメントする help

ニックネーム
本 文
091219葉山散策(不動滝〜畠山)+大楠山+阿部倉温泉 denの段だらウォーキング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる