denの段だらウォーキング日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 090725part1子安散策。古道七曲り〜子安の里〜湘南国際村

<<   作成日時 : 2009/07/26 22:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

行程:新逗子駅=(京急バス)=立石BS→立石海岸→立石不動尊→ (子安道七曲り)→子安の里→湘南国際村→(葉山上山口散策コース)→棚田→御感の桜→梅の古木→(葉山峯山散策コース)→馬牧場→大池→(葉山下山口散策コース)→葉山BS=(京急バス)=新逗子駅。329分。約14Km

最近は梅雨に逆戻りみたいな天候が多くなって、すっきりしません。しかし散策するとなると別!特に低山を行く予定のこの日は。この日朝から晴れていて、”ああっ!晴れてしまった!” 思うようには行かず、暑かったら途中で中断しようと出かけました。
この日の目標は、
・葉山のR134、長者ヶ崎辺りの裏山、峯山を歩く
・峯山をどう歩くか調べていたら、峯山から子安の里へ出れるのがわかり、さらに調べていると子安の里には古道”七曲り”があることがわかり、是非そこを歩く
・葉山の散策ガイドを調べていると、上山口に棚田があること、下山口から峯山方面に、地図に出ていないハイキングコースがある
総括すると、以下の行程になりました。里山散策でいろいろ歩き方がありますが、できるだけ決めたルートで歩くのが今回の散策です

概略コース地図

写真1、立石海岸付近
 新逗子から立石までバスで来ました
画像

 朝のうち晴れていた空は、急に曇り始め山際や三浦半島の海岸線が霞んできました。立石の裏山の様子
画像

 立石公園方面
画像

 立石海岸の様子
画像

 海岸の花々。はまゆう
画像

 カンナ?
画像

 イワダレソウというみたいです。屋上緑化などに使われている強い草のようです
画像

 立石不動尊へ。バス停から5分くらい山側へ入り、突き当たると、小さな山門
画像

 石塔群
画像

 左の隅の方に、蛇に絡められている石塔があります
画像

 数メートルの滝もありました
画像

 滝が流れ出ている小川に蟹がいました
画像


写真2、子安の里古道七曲り
 古道入口は秋谷バス停側のコンビニの前から入ります。そこまで歩きましたが、路地の花。ヒギリ(緋桐)?
画像

 コンビニの前の、この坂を入ります
画像

 少し行き、この道を左へ、さらに右へ行くと
画像

 道は突き当たります。ここから古道へ入ります
画像

 入ると直ぐに馬頭観音が。少しボケました
画像

 道は肩幅程度ですが、踏み固められていています
画像

 少し両側が盛り上がり、切通しの観が現れています
画像

 少し平坦な路行きになりましたが、少しずつ登っています
画像

 分岐がありましたが、ここは左へ #右は畑にでも行く路のようです(*)
画像

 路は少し柔らかに(畑までは人が来るけどその先には来てない路ということですね)、かつくもの巣も出てきて、人が余り歩いていない様子。ぼちぼち登りが終るあたり
画像

 上記からはスリッピーな下りになりました。下りきると、霞んだ前方に湘南国際村の給水塔?が見えました
画像

 ヤブを掻き分け掻き分け進むと、作業小屋に出ます
画像


写真3、子安の里散策
 小屋を行くと、分岐
画像

 10m位行くと、子安観音と石仏群
画像

 さらに道なりに、右へ進むと石塔群が
画像

 パンフによると、御札を持った猿の庚申塔だそうです
画像

 路を戻り、先程の分岐をまっすく行くと、竹林に
画像

 さらに行くと、道路に沿って用水路沿いの散策路があるようですが、今の時期ヤブが深くなってました。とても歩けません!
画像

 諦めて、道路を歩きました。無花果の青い実
画像

 ほおづき
画像

 カブトムシがいそうなクヌギの木
画像

 坂を路なりに降りきると、湘南国際村の看板 #子安の里なんですが
画像

 少しR134方向に下ると、販売所があります
画像

 販売所からは、右へ入り、小菅家へ向かいます。途中にあった石塔群
画像

 小菅家長屋門。長屋門とは立派な門兼納屋のようです
画像

 さらに先へ行くと、軽部家モチの木という名木があります
画像

 次に軽部家に向かう途中、山武の研修所から、湘南村 #資生堂の研修所みたいです
画像

 山武の側の販売所。スイカとか野菜を売ってたみたいです
画像

 韮 (にら)?
画像

 軽部家長屋門。秋谷の若命家から移築されたものということですが、コンビニの先に若命家という名前がありました。もう少しちゃんとガイドを読んどくんでした(汗;)
画像

 軽部家から先に行って、この階段を登って行くと、国際村です
画像


写真4、湘南国際村
 階段を登り、子安方面を振り返ると、古道あたりの山は低い雲のなかへ
画像

 国際村の左手の給水塔も霧の中。それにしても豪華な家ばかり
画像

 霞んでますが、久留和の海を見ながら、予備に買ってきたおにぎりで昼食 #大学の学食で飯を食べるはずだったので、おにぎり1つだけ
画像

 ファミリーマートの研修所。研修所にはコンビニはなくて、”開いてれば、開いてて良かった”と、もう少し何か食べれたのに・・・
画像

 昼食終了後、西洋の屋敷みたいな家を撮影に
画像

 上山口へ降りましたが、国際村の標識の側にお花畑がありました。むらさきばれんぎく(紫馬簾菊)?
画像



 part2へ


ポイント
・思えばこの日は庚申塔など石塔群に出会う、史跡の旅でもありました。花々や山の写真より多い
・野菜や花の販売所がたくさんあリましたが、他の地域は無人が多いのですが、結構車とかで立寄っている人もいて、流行っているみたいです。農業が流行るのはいいことです
・行程について、子安の里への古道、子安道も、下山口から峯山への散策路も確認できて(一発で)、満足ですが、雨の後でぐちゃぐちゃな道を歩かざるをえず、泥んこになりました。もう少し状態がいい時に行って見たいですね
・湘南国際村は、少し散策が不足してしまいました。余裕があれば、大学院の食堂で昼飯のはずだったんですが、、、
・行った事のないエリアに、コースを決めて歩くというのもはじめて。山の場合は勿論コースを決めていくのですが、決めるというより選択肢がほとんどないのですが、こういう平地ですと、”左へ行く”とか”この看板を右へ”といっても、確認が難しく、何度も行ったり戻ったりしなくてはなりませんでした。ストレスになるので、今後は留意したいです


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
面白い
ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
葉山山楽会の者です。
子安出口の藪は、8月定例会の折草刈をしました。
なお、子安古道にある観音塔はこの辺りでは珍しい「牛頭観音」だそうです。郷土史家「辻井善弥」氏によると農家の牛を運搬に使っていた名残だそうです。
堀内
2009/09/25 11:03
葉山山楽会 堀内様
NPO法人葉山まちづくり協会さんには、いつも散策では情報を頂いております。お世話になります。#実はだいぶ前に葉山の地図があると、図書館まで買いに行った事がありますが、お休みで入手できませんでした。
牛頭観音については、見落としていたようです。湘南国際村のHPの”子安の里散策ガイド”を見ると、本文中の分岐(*)辺りにあるみたいですね。ご教示いただき有難うございました。
denより
2009/09/27 19:24

コメントする help

ニックネーム
本 文
090725part1子安散策。古道七曲り〜子安の里〜湘南国際村 denの段だらウォーキング日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる